フィリピンその他

フィリピンでのチップ

フィリピンでのチップについて

フィリピンでのチップについて
私のチップの相場などを書いていきます。

ファリピンにチップの文化はある?

ファリピンにチップの文化があるかと
言えば、あるとも言えますし、
無いと言えば無いと思います。
今、英語を習っているフィリピン人の
英語の先生に聞くと
今までにチップを渡した事は無い。
チップを渡すのは外国人と
金持ちフィリピン人だけ
と笑いながら話をしてくれました。

他の私の知っているフィリピン人に
聞いても渡している人もいれば
渡したことのない人もいて
絶対に必要という事はなさそうです。

外資に勤めていてお金もそれなりに
稼いでいるのにフィリピン人はケチだから
絶対にチップを渡さないと言い切る子もいれば、
同じく外資に勤めている他のフィリピン人は
まあサービスが良ければ、チップは渡しますよと
いう子もいます。

また渡すチップの金額が私より
多いフィリピン人も当然います。

フィリピンではアメリカみたいに必ずチップを
渡す必要は無いみたいに思います。
もちろん、渡す・渡さないのは自由ですよ。

私のフィリピンでのチップの考え方

私はフィリピンは原則として
チップは渡さなくても問題は無いと考えています。
ですがサービスに納得できたなら
サービスに対して私は感謝の
気持ちとしてチップは渡すようにしていました。
なぜなら、フィリピンらしいと言えば
フィリピンらしい考え方かもしれませんが
チップを出した方が、サービスが早くなったり
良くなったりすることがあるからです。
もちろん、ただもらうだけ
の人もいますが....

反対にサービスや接客の態度が
悪ければチップは当然、渡しません。
チップ以前に次からはサービスの
悪い店に行かないようにします。
私は、 good job good money
と考えています。

フィリピンでのチップの相場

チップを渡す方としても相場というものを
考えて渡さようにしないといけないと思います。
日本の観光客の多いホテルで
500円玉をチップにしているのを
見かけたのがあるのですが、
正直、チップとしては金額が高すぎるように思いました。
現地の相場を無視したチップは渡す事は
渡された人にも良いことには
なら無いと思います。
私はフィリピンでは
以下の金額を渡していました。
※私が最後にフィリピンに行ったのは2013年です。

ホテル
ベットメーク及ぼクリーニング 20ペソから40ペソ

レストラン
サービスチャージがレシートに有れば
原則、チップなし。
サービスチャージが有っても
サービスが良ければ
お釣りの端数のコインから40ペソは
置いて帰ることはありました。

タクシー
原則、お釣りをチップとしています。
だいたい、お釣りが10ペソ程度になるように
料金を払ってお釣りはいいです。
と言ってお釣りをチップにしていました。
ただし、マクタンからセブなど
ドライバが帰りに客を取れないなどの
場合は初めに交渉で
メータ+50ペソを料金として乗ります。

マッサージ
40ペソから100ペソ

レストランのガードマン
レストランのガードマンでも
雨の日に傘を持ってきて来てくれたり
またさず、タクシーを捕まえてくれた場合は、
10ペソ~20ペソをチップとして渡します。

チップの用意

チップに使うのは、少額紙幣とコインになります。
そのため、なるべく高額紙幣が使える場所では
高額紙幣を使い、少額紙幣は
チップ用にとっておくと便利です。
私は、チップ用の小額紙幣が無い場合は
知り合いのフィリピン人に両替を頼んでり
会社のスタッフが銀行に行く時に
小額紙幣とコインの両替を
頼んでいました。


<<フィリピンの治安  フィリピンへの送金>>

-フィリピンその他

© 2021 ビサヤ語の会話集